なんか違ったことはコレ

癒しと程よいドキッが楽しめるリラクゼーションサロン、いつもそこにはセラピストの笑顔があります。しかし「アレ思ってたのと違う」ってことがあるのもこの業界、そこに迫ってみたいと思います。まずはホームページなどでセラピストの面々が、オッパイの谷間などセクシーアピールをしているのに、行ってみると全く違う衣装で出迎えられたことです。これはセラピストに描いてたイメージが崩壊するに等しいくらいショッキングな出来事、コスプレなんかでカバーしてくれるのかなと思っていても何もなしだったりするので困りものです。さらにコスチュームはとってもエロいのに、施術の内容が至って健全だったりするのも悲しい、出落ちパターンと表現しておきます。あと個人的主観ですが最も嫌な行為が時短、90分コースで入っているのにお店を出たのは80分後だったりすると最悪です。以前90分コースで90分で返されたときもかなり「えっ」とは思いましたが、それはそれであり得る業界ルールのひとつとして理解しました。しかし完全にコース時間を満たしてないのは、お店を信頼できなくなります。